<CIMBクラシック 最終日◇2日◇クアラルンプールG&CC>

 米国男子ツアーとアジアンツアー共催の「CIMBクラシック」の最終日。トータル4アンダーの22位タイからスタートした松山英樹は5バーディ・2ボギーの“69”で回り、トータル7アンダーで4日間を終えた。29位タイからのスタートとなった石川遼も4バーディ・1ボギーの“69”で3つスコアを伸ばしトータル6アンダーでフィニッシュしている。

 現時点で首位はトータル17アンダーのライアン・ムーア(米国)。2打差の2位タイでケビン・ナ(米国)、ゲーリー・ウッドランド(米国)が追う展開。セルヒオ・ガルシア(スペイン)はトータル14アンダーとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>