<樋口久子 森永レディス 2日目◇1日◇森永高滝カントリー倶楽部(6,652ヤード・パー72)>

 千葉県の森永高滝カントリー倶楽部を舞台に開催中の国内女子ツアー「樋口久子 森永レディス」の2日目。初日首位に立ったイ・チヒ(韓国)がこの日も2つスコアを伸ばしトータル8アンダーで単独首位の座をキープ。2年ぶりとなるツアー通算18勝目に王手をかけた。

100枚以上の写真で2日目を振り返る!LIVE PHOTO
 1打差の2位タイには上田桃子と表純子、2打差の単独4位には昨年覇者のイ・ボミ(韓国)がつけた。ホステスプロの宮里美香と木戸愛は揃ってトータル4アンダー8位タイに浮上。アマチュアの勝みなみはトータル1オーバー37位タイで予選を通過した。

 以下に主要選手のコメントを掲載する。

●イ・チヒ(トータル8アンダー単独首位)
「後半は雨がひどくなって、なかなかバーディチャンスに付けられなかったです。残り距離が長くなったので、スコアを落としてしまいました。明日は調子が悪くても絶対優勝を狙っていきます。この前(スタンレーレディス)で優勝を逃して悔しくて、本当に寝れない時もあったので。明日はすごく強い気持ちでいきたいです」

●表純子(トータル7アンダー2位タイ)
「最初のほうはショットが良くて、後半はパットに助けられました。最終戦に出たいので頑張ります。自分のできるかぎりバーディを獲りたいですね。ボギーは出てしまうと思うので」

●木戸愛(トータル4アンダー8位タイ)
「昨日終わってからの練習で、ショートばっかりしてたので思いっきりカップをオーバーするように打つ練習をしました。その練習のおかげが今日の前半はできました。バーディパットがショートしたのは9番のみです。前半は4つスコアを伸ばせましたけど、後半は距離が長くてなかなかチャンスに付けられず、パットも入らず噛み合いませんでした。明日は噛み合うように頑張らないと。気合を入れて、強い気持ちでチャレンジできたのは良かったと思います」

●宮里美香(トータル4アンダー8位タイ)
「昨日よりショットが良かったので、バーディチャンスを作れたイメージ良くは回れました。雨のプレーは久々でしたけど、そんなに影響なかった。昨日と比べて2、3番手違うので番手だけですね。昨日もスコアが出ていたので、今日もバーディ合戦になると思って意識してプレーしました。もっと伸ばせたとは思いますが、60台で回れて良かったです」

<ゴルフ情報ALBA.Net>