<CIMBクラシック 2日目◇31日◇クアラルンプールG&CC>

 マレーシアにあるクアラルンプールGC&CCを舞台に開催中の米国男子ツアーとアジアツアーの共催試合「CIMBクラシック」2日目。23位タイからスタートした松山英樹は1イーグル・3バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの“70”でラウンド。トータル4アンダーで18位タイに浮上した。

【関連ニュース】松山のスコアは?リーダーボード
 INからスタートした松山は11番で痛恨のダブルボギー。いきなりスコアを2つ落とす苦しい展開に。14番でバーディを奪うも、次の15番でボギーを叩くなど苦しい流れが続く。

 しかし上がりの18番でイーグルを奪いリズムを取り戻すと、折り返して3番、7番でバーディを奪いホールアウト。首位と6打差でムービングデーを迎えることとなった。

 今季ここまで2大会連続のトップ10フィニッシュとスコアメイクはできている松山。まだトップの背中は見失っていない。ツアー2勝目へ、明日のムービングデーでビッグスコアを狙っていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>