<CIMBクラシック 2日目◇31日◇クアラルンプールG&CC>

 マレーシアにあるクアラルンプールGC&CCを舞台に開催中の米国男子ツアーとアジアツアーの共催試合「CIMBクラシック」2日目。13位タイからスタートした石川遼は4バーディ・3ボギーとスコアを伸ばすも18位タイに後退した。

【関連ニュース】松山のスコアは?リーダーボード
 INからスタートした石川は11番でバーディスタートを切るも、次の12番から連続ボギー。16番でバーディを奪い、イーブンに戻すも上がりの18番でボギーを叩く嫌な流れで折り返す。

 しかし、ここから崩れないのが今季の石川。パーを3つ並べて迎えた4番で後半最初のバーディを奪うと、次のロングホールでも連続バーディ。トータル4アンダーで2日目を終えた。

 ここまで2日とも悪天候により一時中断になっている今大会。昨日は中断前にホールアウトできたが、この日はバックナインの途中でその時を迎えた。それでも明けてからの残りホールをスコアを落とすことなく回りきった石川。明日からのムービングデーで上を目指していく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>