<CIMBクラシック 2日目◇31日◇クアラルンプールG&CC>

 マレーシアにあるクアラルンプールGC&CCを舞台に開催中の米国男子ツアーとアジアツアーの共催試合「CIMBクラシック」2日目。ビリー・ハーレーIII(米国)が7バーディ・1ダブルボギーとスコアを伸ばしトータル10アンダーでトップに立った。

 そのハーレーIIIを2打差で追うのがケビン・ストリールマン(米国)。続いて首位と3打差の3位タイにライアン・ムーア(米国)、セルヒオ・ガルシア(スペイン)ら7人がつけている。

 日本勢は石川遼が4バーディ・3ボギーの“70”でラウンド。スコアは伸ばしたが、他の選手との兼ね合いにより、18位タイに順位を落としている。松山英樹はダブルボギーを叩くも、イーグル等でスコアを2つ伸ばし同じく18位タイにつけている。


【2日目の結果】
1位:ビリー・ハーレーIII(-10)
2位:ケビン・ストリールマン(-8)
3位T:ライアン・ムーア(-7)
3位T:セルヒオ・ガルシア(-7)
3位T:ノ・スンヨル(-7)ら7人

18位T:石川遼(-4)
18位T:松山英樹(-4)

<ゴルフ情報ALBA.Net>