<CIMBクラシック 事前情報◇29日◇クアラルンプールG&CC>

 米国男子ツアーとアジアツアーの共催試合「CIMBクラシック」がマレーシアにあるクアラルンプールGC&CCを舞台に開催される。昨年の大会では最終日ライアン・ムーア(米国)とゲーリー・ウッドランド(米国)の2人が通算14アンダーで並びホールアウト、プレーオフとなったが雷雲の接近により翌日に持ち越しとなった。その月曜日行われたプレーオフではムーアが1ホール目でバーディを奪取、パーのウッドランドを退け、ツアー3勝目を挙げた。

 シーズン4戦目となる今大会にはセルヒオ・ガルシア(スペイン)、リー・ウェストウッド(イングランド)らヨーロッパの強豪選手やジェイソン・ダフナー(米国)、パトリック・リード(米国)らツアーの実力者たちも出場、新シーズンをスタートさせる。

 また、先週ツアーを欠場し休養にあてた松山英樹と石川遼の2人も参戦。松山は去年に引き続き出場2回目、石川は初出場となる。予選ラウンドは松山がメジャー覇者のジェイソン・ダフナー(米国)、インドのアニルバン・ラヒリと。一方の石川はイングランドのポール・ケーシー、スウェーデンのリカルド・カールバーグとのラウンドとなった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>