<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 最終日◇26日◇マスターズゴルフ倶楽部(6,455ヤード・パー72)>

 兵庫県にあるマスターズゴルフ倶楽部で開幕した国内女子ツアー「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」最終日。大山志保が大会初となる完全優勝で今季2勝目を挙げた。単独2位にはアン・ソンジュ(韓国)、単独3位には上田桃子が入った。

LIVE PHOTOで大会を振り返る!
 以下に主な選手のコメントを掲載する。

○アン・ソンジュ(トータル17アンダー単独2位)
「朝の練習で手首が痛くなって…自分のスイングになっているか怖かった。それでも最後だから頑張るしかないと切り替えて。来週は休みます。明日韓国に帰って手首をケアします」。

○上田桃子(トータル16アンダー単独3位)
「今日一日ノーボギーラウンドだったけど、上が伸ばしている展開だったのでしょうがないかなと。このコースは好きで良いイメージがあるし、思うような結果が出せたことは良かったです。今日は失敗を恐れずにやったのが良い結果に繋がったと思います」。

○香妻琴乃(トータル13アンダー単独5位)
「今週は全体的に良かったです。初日に短いパットを外して流れをつかめなかったけど、2日目からは結構安定していました。リコーにでたいと考えているので、今は出場できる試合を増やして、今年中に優勝するのが目標です」。

○ポーラ・クリーマー(トータル12アンダー6位タイ)
「今週は全体的に良かったです。ただアイアンショットが悪い日があったので、もっと伸ばしたかったというのはあります。今回の結果は、今年の残りの試合に繋がると思うので良かったです。また来年招待してもらえたらと思います」。

○イ・ボミ(トータル9アンダー10位タイ ※ホステスプロ)
「18番で会長や社長、たくさんのギャラリーが見ている前でバーディを取れたので本当に良かったです。来週は去年勝った大会だし、今週良いプレーができたので来週に繋げていきたいです。今週もアンちゃんが頑張ったけど、私は私なので最後まで自分のプレーに集中して頑張っていきます」。

○勝みなみ(トータル7アンダー15位タイ ※ベストスコア賞獲得)
「ドライバーが良かったです。ティショットが全部フェアウェイに行きました。来週もお母さんに担いでもらいます。リコーにも出たいと思います」。

<ゴルフ情報ALBA.Net>