<ブリヂストンオープンゴルフトーナメント 最終日◇26日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(7,119ヤード・パー71)>

 「今大会で藤田さんに勝たれると、独走態勢に入られてしまう。それを絶対に阻止するためには、僕が勝つしかなかった。今後のツアーを面白くするためには藤田さんの優勝を阻止できてうれしいです。」と、“忍びよる恐怖”を振り払い、小田孔明が意地の勝利だ!

首位堅持も“目の上のたんこぶ”藤田に怯える孔明
「ブリヂストンオープンゴルフトーナメント」最終日、最終組の小田は前半でスコアを1つ伸ばし、13アンダーでハーフターン。そして14番でスコアボートを確認すると、前日の恐怖がさらに大きくなって現れる。7アンダーからスタートした藤田寛之がいつのまにか、同じ13アンダーで並んでいたのだ。

 「前半は(藤田のスコアを)ずっと確認していたんです。でも今日はこないな、と思っていた」と、自身のゴルフに集中をしていたが、14番グリーンでスコアボードを見たときに、“2度見“するほど驚いたという。だが逆に「キャディと本当にやばいぞって話して」気合のスイッチが入った。15番、16番と連続バーディで引き離しにかかるが、ラスト2ホールに思わぬ落とし穴が待っていた。

 本人も「あれはそうとう痛かった」という17番のパーパット外し。このときプレーオフを覚悟したという。藤田は最終18番をバーディで締め、トータル14アンダーでホールアウトしていた。

 そして最終18番にも試練が…。スプーンで打ったセカンドショットを右に曲げ、バンカー越えの難しいアプローチを残した。緊張の一打。ここで「10回に1回しか寄せることができないくらいの状況。たまたまその1回が来た」という完璧なアプローチで1メートルに寄せバーディを奪取、トータル15アンダーでフィニッシュ、2日間猛烈な追い上げを見せた藤田を振り切り、今季2勝目を手に入れた。

 今日のハイライトの一打を振り返り、「今年は海外メジャー(全英オープン、全米プロ)にいって、いろいろな芝を経験できたことで、グリーン周りのアプローチの調子がいい。去年だったらうまくいかなったと思う」と話した小田。海外メジャーで4日間戦うことが出来た経験が、ここ一番での最高のショットを引き出した。

 この勝利により、賞金ランキングで藤田を逆転し、1位を奪還。だが「(藤田さんを)賞金ランキング抜けたかもしれないですけど、まだ勝利数(藤田は今季3勝)は負けている。藤田さんは初日に出遅れたのに、結果的に1打差まで詰められて。本当に強いと実感しました。(賞金王になるには)2勝では足りない。最多勝で賞金王がベスト。」とまだまだ勝利を渇望する。

 その裏には「最大の目標」であるマスターズ出場にかける思いもある。勝利を重ね、世界ランキングを50番以内に引き上げることを願っている。悲願の賞金王へ、そしてマスターズへ。攻めのゴルフで勝利を積み重ねることを小田は誓った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>