<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 2日目◇23日◇マスターズゴルフ倶楽部(6,455ヤード・パー72)>

 兵庫県にあるマスターズゴルフ倶楽部で開幕した国内女子ツアー「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」。2日目の19位タイからスタートした渡邉彩香が1イーグル・7バーディの猛チャージ。首位と1打差の単独2位に浮上した。

LIVE PHOTOで2日目を振り返る!
 この日、OUTからスタートした渡邉は出だしの1番でバーディ発進。すると6番で8メートル、さらに8番でもバーディを奪ってハーフターン。前半2つ伸ばし勢いに乗る渡邉はバックナインに入るとエンジン全開。後半立ち上がりの10番から怒涛の3連続バーディ。そして15番得意のパー5では、渡邉らしく2オンを狙う。しかしグリーンを捉えられず右ラフに。それでもピンまで10ヤード、バーディは取りたいところ。そして放ったサードショットはなんとそのままカップイン、あきらめかけたイーグルを奪取し一気に首位に。さらに次の16番でもバーディを奪い11アンダーでホールアウト。その後大山志保に抜かれ2位となるも首位と1打差で2日目を終えた。

 今大会ここまでの渡邉を支えているのがロングホールでの強さ。初日からパー5ではイーグル2回、バーディ5回と絶好調。自身も「イーグル逃しのバーディをいかに獲れるか」を課題に挙げておいる。それに加えアプローチを熱心に練習したことが奏功、今日はその成果が出た。

 実は渡邉にとってこの大会にあまり良い思い出はない。しかし「今年はここまで良い流れできている」と自信を覗かせる。「4日間大会なのでまだ分からない」としながらも「調子はすごく良い」とコンディションも良好だ。「アクサレディス宮崎」以来となるツアー2勝目へ、まずは良いかたちで予選ラウンドを終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>