<国内女子賞金ランキング>

 国内女子ツアー「富士通レディース」終了時点での賞金ランキングが発表された。

【関連ニュース】またも栄冠届かず、菊地絵理香を苦しめた最終18番
 この大会で菊地絵理香、横峯さくらとのプレーオフを制し、2週連続となる今季5勝目を挙げたアン・ソンジュ(韓国)が賞金1,440万円を獲得。欠場した賞金ランク2位のイ・ボミ(韓国)との差を約2,600万まで広げた。

 その破れた2人は640万円を加算。菊地は20位に、横峯は21位に浮上。今季の優勝者、または賞金ランク25位以内の選手のみが出ることができる最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」出場に弾みをつけた。

 その他、上位勢では今大会を単独4位でフィニッシュしたテレサ・ルー(台湾)が酒井美紀を抜いて5位に浮上している。


【国内女子賞金ランキング】
1位:アン・ソンジュ(136,094,250円)
2位:イ・ボミ(110,274,166円)
3位:申ジエ(96,591,333円)
4位:成田美寿々(91,565,183円)
5位:テレサ・ルー(84,342,000円)
6位:酒井美紀(83,894,636円)
7位:イ・ナリ(69,386,440円)
8位:原江里菜(59,051,466円)
9位:リ・エスド(55,055,575円)
10位:渡邉彩香(53,761,750円)

20位:菊地絵理香(34,974,333円)
21位:横峯さくら(33,888,250円)

<ゴルフ情報ALBA.Net>