<富士通レディース 最終日◇19日◇東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(6,635ヤード・パー72)>

 千葉県にある東急セブンハンドレッドクラブ 西コースにて開催された国内女子ツアー「富士通レディース」。アン・ソンジュ(韓国)が菊地絵理香、横峯さくらとのプレーオフを制し、今季5勝目を挙げた。

LIVE PHOTOで大会を振り返る!
 以下に主な選手のコメントを掲載する。

○森田理香子(トータル7アンダー5位タイ)
「今日はパットが入りました。ショットは変わらず良かったです。後半フェアウェイをキープできなくてピンを狙えなかったのが反省点です。調子はいいのでパッティングが入れれば上にいけるので残り試合頑張ります」。

○イ・ナリ(トータルイーブンパー22位タイ※昨年覇者)
「初日はディフェンディングチャンピオンということもあり力んでしまいました。2日目以降はパッティングも決まり、アンダーで回れたので良かったです。おかげでこのコースのイメージも悪くならなかったです。来週は4日間大会ですが、調子は悪くないので1日でもスコアを伸ばせれば勝負になると思います」。

○宮里美香(トータルイーブンパー22位タイ)
「今日はショットが良かった。先にボギーがきたけど我慢していたらチャンスは来ると思ってプレーした。後半良い流れでできたし、良いパーも拾えた。来週はゆっくりしたいと思っています。再来週はホステスプロなので、結果を出したい。毎年思っているけど、思うようなプレーができていないので、今年はしっかりプレーしたい」。

○宮里藍(トータル2オーバー31位タイ)
「パッティングは今日が一番良かったですね。後半はショットが思うように打てなかったりと、今日はショットのミスが多かったです。(3日間連続で1番で3パットのボギーは)自分の中で一番プレッシャーがかかるのでスムーズなストロークができなかったです。まずは再来週の台湾での試合を頑張ります」。

○永井花奈(トータル3オーバー35位タイ ※ロゥエストアマチュア)
「今週は出だしからショットが悪くて楽に行ける日がなかったです。その中で粘れていたのですごく良かったです。今まで崩れだしたらとまらないところがあったので、今回はそれがなかったのが収穫です」。

<ゴルフ情報ALBA.Net>