<日本オープンゴルフ選手権競技 最終日◇19日◇千葉カントリークラブ・梅郷コース(7,081ヤード・パー70)>

 国内男子メジャー第3戦「日本オープンゴルフ選手権競技」の最終日は手に汗握る展開となった。そんな白熱の今大会を制したのは池田勇太。池田はこの日2位と3打差の首位からスタート。前半は1ボギーで1つ落とし我慢の展開に。後半もダボを打つなど1つ落とし通算10アンダーでフィニッシュ。しかし後続も伸ばしあぐねたためそのまま逃げ切り日本オープン初制覇を果たした。

3打差首位の池田勇太、6つ目の日本タイトルへ「最後まで」
 1打差の通算9アンダー2位タイには最後まで池田と優勝を争った片山晋呉とこの日4つ伸ばし追い上げてきた小平智がつけた。続く通算7アンダー単独4位にはプラヤド・マークセン(タイ)。通算6アンダー単独5位に近藤共弘。さらに室田淳とブラッド・ケネディ(オーストラリア)の2人が通算5アンダーで6位タイとした。

 また、今大会最注目のアダム・スコット(オーストラリア)はこの日5バーディ・4ボギーで1つ伸ばし通算4オーバー38位タイで今大会を終えた。

【最終結果】
優勝:池田勇太(-10)
2位T:小平智(-9)
2位T:片山晋呉(-9)
4位:プラヤド・マークセン(-7)
5位:近藤共弘(-6)
6位T:室田淳(-5)
6位T:ブラッド・ケネディ(-5)
8位T:藤本佳則(-4)
8位T:甲斐慎太郎(-4)
8位T:河井博大(-4)

38位T:アダム・スコット(+4)

<ゴルフ情報ALBA.Net>