<富士通レディース 2日目◇18日◇東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(6,635ヤード・パー72)>

 千葉県にある東急セブンハンドレッドクラブ 西コースにて開催されている国内女子ツアー「富士通レディース」の2日目。単独2位スタートの菊地絵理香はこの日5バーディ・3ボギーの“69”でラウンド、トータル10アンダーまで伸ばし2位をキープ、首位と1打差で最終日を迎える。

LIVE PHOTOで大会2日目を振り返る!
 この日、最終組でスタートした菊地は幸先良く1番でバーディと初日と同じような5連続バーディを予感させた。しかし、次の2番であえなくボギー。それでも4番パー3であと少しでホールインワンというスーパーショットでバーディを奪うと7番でもバーディを重ねた。しかし次の8番ではパーパットがカップの横をすり抜けボギーに。さらに9番でもボギー叩き、結局スコアを伸ばせず折り返した。

 連続ボギーで嫌な流れのままハーフターンした菊地だったが、「10番のロングホールを取れればいいかなぁくらいの気持ちだった」と切り替え、引きずらなかったのが後半奏功する。そのバーディを狙った10番はパーとしたものの、11番から3連続バーディ。その後伸ばすことはできなかったが、1〜2メートルの際どいパーパットを何度か決めてホールアウト。「そこまで持って行こうと思ってました」と目標にしていたトータル10アンダーまで伸ばし、ムービングサタデーを戦いきった。

 前半は苦しいゴルフとなった菊地だが、それは昨日から「気持ち悪い」と感じていたドライバーが、さらに調子を崩していたから。加えてキックが悪い方に行くなど不運も重なった。そんな状態でも、気持ちを切らすことなく耐えてスコアを伸ばした菊地、首位のアン・ソンジュ(韓国)に食らいついた。

 明日、今季初の最終日最終組で戦う菊地。「NEC軽井沢72ゴルフ」ではプレーオフで敗れるなど、何度か優勝のチャンスはあったもののまだ栄冠に手が届いていない。「こういうチャンスは中々来ない。明日はこれを逃したらもうチャンスは来ないと思ってやる」。残りの18ホールを背水の覚悟で臨む構えだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>