<富士通レディース 1日目◇17日◇東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(6,635ヤード・パー72)>

 千葉県にある東急セブンハンドレッドクラブ 西コースにて国内女子ツアー「富士通レディース」が開幕。その初日、菊地絵理香がスタートホールから5連続バーディを奪うロケットスタート。その後も順調にスコアを伸ばし、悲願の初優勝へ首位と1打差の単独2位につけた。

LIVE PHOTOで大会初日を振り返る!!
 この日、アウトスタートだった菊地。そのスタートの1番で2メートルをバーディパットを決めるとそこから「プロになってからは記憶にない」という5連続バーディ、完璧なスタートを切った。6番で一旦連続バーディは途切れるも、続く7番では1.5メートルを沈めて6アンダー、一気にリーダーボードの頂点まで駆け上がり折り返した。

 後半は「前半ほどショットがチャンスにつかなかった」と振り返るように、スコアメイクに苦戦するも菊地だが3バーディ・2ボギーで1つ伸ばしホールアウト。結局この日は9バーディ・2ボギーの“65”で7アンダーで初日を終えた。

 この日決して調子が良いわけではなかったいう菊地。スタート前のパッティング練習ではフィーリングが出ずに「今日はタッチだけを合わせていこう」と思っていたという。しかしそれが「結果的に良かった」と9バーディ、「入ったのはすべてジャストタッチだった」と次々にカップへ吸い込まれていった。

 そんな菊地だが、「イラっとした(笑)」と振り返るのが最終18番のボギー。なぜなら、このボギーにより自己ベスト更新を逃したからだ。それまで良い流れできていただけに悔やまれる最終ホールだった。それでも「長い距離と強い風が苦手」と決してイメージの良くないコースが今日のバーディラッシュで「イメージが変わりそう」と一転した。

 今の目標は優勝して最終戦「リコーカップ」に出場することという菊地。しかし「この時期になってくると賞金ランクの上位にいる人はなかなか落ちてこない」というように、今日も今季4勝、賞金ランキングトップのアン・ソンジュ(韓国)が1打差で首位に立ちはだかる。それでも首位に立つアンやほかの実力者たちに負けるつもりはさらさらない。アンやその他の実力者を倒し悲願の初優勝、さらにその先の目標を掴み取る。

<ゴルフ情報ALBA.Net>