<日本オープン 事前情報◇19日◇千葉カントリークラブ 梅郷コース(7,081ヤード・パー70)>

 いよいよ10月16日(木)から国内男子メジャー第3戦「日本オープン」が開幕。この日、台風一過の澄み切った青空の中、プロアマが行われた。

【関連ニュース】昨年のコース復旧の様子はこちら
 昨年は最終日の悪天候により、史上3度目となる予備日を使用して月曜日に決着が持ち越された。それだけに、台風19号による影響も心配されたが問題なく開幕を迎えられそうだ。

 そんな昨年大会は小林正則が3打差を逆転し、自身初となるメジャータイトルを手にした。今年は尾崎将司や中嶋常幸らに続く5人目の連覇を目指す。

 その小林に逆転を許したのが小田孔明。「死ぬ気で勝ちにいく」と強い思い入れを見せたタイトルに届かず涙を浮かべる場面も見られた。今年一番勝ちたいと常々口にしているこの大会、悲願の賞金王のためにも負けられない。

 また今大会にはマスターズ覇者で世界ランク2位のアダム・スコットが参戦。2013年の「マスターズ」を制してメジャー覇者となってからの来日は初めてとなるスコット、7年ぶり3度目となる日本でワールドクラスの技を見せ付ける。

 この日は注目のペアリングも発表された。小林は2005年、2008年の覇者である片山晋呉、アマチュアの小木曽喬と、小田は池田勇太、谷原秀人との組み合わせ。スコットは現在賞金ランク1位の藤田寛之とアマチュアのG・ヤンとスタートする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>