<スタンレーレディスゴルフトーナメント 最終日◇12日◇東名CC(6,561ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「スタンレーレディスゴルフトーナメント」はサンデーバックナインで4打差を逆転したアン・ソンジュ(韓国)が今季4勝目を達成。2打差の2位に首位スタートの李知姫(韓国)、さらに1打差の3位に酒井美紀がつけた。

「スタンレーレディス」をLIVE PHOTOで振り返る!!
 以下に主な選手のコメントを掲載する。


○李知姫(トータル12アンダー単独2位)
「18番ホールで3打目をバンカーに入れてしまったのがもったいなかったですね。今日はショット自体は悪くなかったんですけど、パターが入らなかったのが優勝できなかった要因だと思います。久々にこういう試合ができて残し試合も良いイメージを持ってプレーできると思います。あとはこういう試合を多く経験しないと優勝するチャンスが来た時に良いプレーができないので、優勝争いのチャンスを増やせるように頑張りたいです」。

○酒井美紀(トータル11アンダー単独3位)
「(17番ボギー)私が17番に入った時、後ろの組はトップが14アンダーだと思っていたので、私も何とか攻めていかなければ…と思っていました。でもボギーを叩いてしまって…その後、ボードを見たらトップ13アンダーになっていて、もう少し前に分かっていたら、攻め方も変わったと思います。今週は体調が悪い中でプレーして、このように優勝争いができたことで自信もつきました。来週、もっと体調が良くなれば、優勝争いできるかもしれないと思っています」。

○原江里菜(トータル10アンダー4位タイ)
「チャンスについたところもスコア以上にありましたし、もったいないゴルフといえばそうなりますが、イーグルもあったりチップインもあったので、全体の流れとしてはいい1日だったと思います。次につながる部分もありますが、それ以上にショットなど、修正するところもたくさんあるので、そういった部分を修正して、来週の試合に臨んでいきたいですね」。

○佐藤耀穂(トータル6アンダー10位タイ)※アマチュア
「とにかく緊張した1日でした。朝イチのティショットはギャラリーも多かったし、プロの試合でこの順位で最終日を迎えることも初めてだったので、味わったことのない緊張でした。2番ホールくらいには慣れたので、その後はプレーを楽しめました。(課題)今日同じ組だった酒井選手は、グリーンを外した時のアプローチの対応がいろいろあって素晴らしかったです。私は一辺倒のアプローチしかなかったので、今後はもっといろいろなアプローチができるようにしていきたいです。トップ10フィニッシュは嬉しかったですね。でも、プロの試合でこんな機会は滅多にないことなので、今日は楽しくプレーをしようと思っていました」

<ゴルフ情報ALBA.Net>