<TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central 3日目◇11日◇TOSHIN Golf Club Central Course(7,004ヤード・パー72)>

 国内男子ツアー「TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central」の3日目。初日から首位を走るI・H・ホがこの日も6つスコアを伸ばしトータル23アンダーで独走状態に。ツアー初優勝に王手をかけた。4打差の2位はこの日大会コースレコード“61”をマークしたS・H・キム、6打差の3位にはジャン・ドンギュとトップ3は韓国勢が占めた。先週も最終日最終組は全員韓国人だったが、今週も同じ展開となった。

先週初VのS・H・キムが大会コースレコード“61”で一躍2位に!
 トータル16アンダーの4位タイには昨年覇者の藤本佳則とこれまた韓国のチョ・ミンギュが、トータル15アンダー8位タイに近藤共弘、上井邦裕、山下和宏、小田龍一らがつけている。

 以下に主要選手のコメントを掲載する。

●藤本佳則(トータル16アンダー4位タイ)
「チャンスはあるちゃありましたけど、それよりも無駄なボギーが多かったですね。7打差はキツいけど、それでも何があるか分からないから。ティショットがフェアウェイにいけばバーディが狙える。頑張りますよ」

●山下和宏(トータル15アンダー6位タイ)
「もう少しいけた気がするけど、パットのタッチが合ってなかったですね。4番パー5は2オンしたけど3パットしてしまったり…。打ち切れないパットが続いていました」

「調子はだんだん良くなってきました。セガサミー以来初日にアンダーパー獲れてなかったので今週久々にアンダーで回れたし、肩の荷が下りたというか力みがとれました。その辺の力加減がうまくいけば今後に期待できると思います」

●上井邦裕(トータル15アンダー6位タイ)
「パターが良くなかった。後半も悪くはなかったけど、オーバーばかりしてました。途中16番では虫を払おうとしたら、クラブにボールが当たっちゃって。幸いパー獲れたけど」
(上とは離れてしまったが)
「そうですね。仕方がない。自分は自分のゴルフをしたけど噛み合わなかったです」

●近藤共弘(トータル15アンダー6位タイ)
「上は見ていないです。今の自分の調子からしたらこのスコアは良いスコアですから…。いいショットを1つでも打って、いいプレーをすることを心がけています。今はちょっと気持ち悪いラウンドなので…。少しでもいいスコアであがりたいです。いいスコアも欲しいけど、今後につながるゴルフになればいい」

<ゴルフ情報ALBA.Net>