<日本プロゴルフシニア選手権 住友商事・サミットカップ 3日目◇10日◇サミットゴルフクラブ(6,878ヤード・パー72)>

 トータル6アンダー10位タイから出た尾崎直道は、1番、3番とバーディを奪い早々に上位に肉薄した。しかし、5番のパー4でグリーン右サイドからのバンカーショットを“ホームラン”。ここをダブルボギーとして「あれで気持ちが折れかかった」。しかし、そこからがマムシのジョーの本領だ。

「日本プロシニア住友」の3日目の結果はリーダーボードでチェック!
 8番で約5メートルを放り込むと、9番をバーディとしてハーフターン。さらに15番、16番では「上からいいのが入った」と共に下り6メートルを沈めて連続バーディとすると、最終18番も3打目をもう少しでイーグルというスーパーショット。バーディで締めくくって優勝戦線にカムバックだ。

 明日は最終組で渡辺司、室田淳と同組。「面白くなって良かったね」ともちろん相手に不足はない。特に、共にレギュラーとシニアを掛け持ちする室田は互いに意識する関係。「レギュラーでは室田さんの方が断然成績が良いけど、1日の勝負ならどう転ぶかわからないから」と先輩に挑戦状を叩きつけた。

 「とにかく明日はミスはできない。でもそれを楽しみながらやっていくよ」。今季はは兄・健夫に敗れたコマツオープンの2位が最高。2012年シニア賞金王が再び頂点獲りへ挑む。

<ゴルフ情報ALBA.Net>