<日本プロゴルフシニア選手権 住友商事・サミットカップ 3日目◇10日◇サミットゴルフクラブ(6,878ヤード・パー72)>

 日本シニアメジャー「日本プロゴルフシニア選手権 住友商事・サミットカップ」の3日目。全選手がハーフを終えて、ムービングサタデーはバックナインに入った。現時点でディフェンディングチャンピオンの渡辺司が前半だけで6つスコアを伸ばす猛チャージを見せてトータル11アンダーで単独首位に浮上した。

 1打差の2位タイには、こちらも6つスコアを伸ばしている室田淳、水巻善典、白浜育男。9アンダーには真板潔、ポール・ウェセリン(イングランド)、8アンダーグループには倉本昌弘、尾崎直道らがつけている。

 単独首位からスタートした上出裕也は2つスコアを落とし、井戸木鴻樹らと並ぶ7アンダーに後退した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>