<スタンレーレディスゴルフトーナメント 初日◇10日◇東名CC(6,561ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「スタンレーレディスゴルフトーナメント」は初日から熾烈なバーディ合戦が展開。7アンダー“65”をマークしたO・サタヤ(タイ)と李知姫(韓国)が首位タイ、1打差の3位タイに豊永志帆と成田美寿々がつけた。

100枚以上の写真で大会初日を振り返る!「LIVE PHOTO」
 以下に主な選手のコメントを掲載する。


○O・サタヤ(7アンダー首位タイ)
「今日はショットが良かったです。朝の練習ではそんなにいい手応えはなかったですけど、回っている内に良くなりました。(コースとの相性)距離が短いパー4が多くて、ほとんどPWでグリーンを狙えましたし、距離が長いホールは「ボギーでもいいや」くらいの気持ちで回りましたが、ノーボギーでした。今シーズン中にもう1つ勝ちたいと思っているので、残り2日も今日みたいなゴルフがしたいです」。

○李知姫(7アンダー首位タイ)
「今日はアイアンショットが良かったです。グリーンはけっこう傾斜が強いですが、セカンドショットでほとんど上りのパットが打てる位置に置けました。パターがよく入ってくれましたし、昨日の雨の影響でグリーンが止まりやすかったのも良かったと思います。(今大会について)すごくプレーしやすいです。でも、これまで勝ったことありませんし、プレーオフまで行って優勝を逃したこともるので、今年は優勝できるように頑張りたいです」。

○原江里菜(5アンダー5位タイ)
「2メートルくらいのパットが一切入りませんでした。でも、4、5メートルくらいが入ったので、流れを切らすことなく、良いスコアにつながったと思います。(調子)先週の金曜日にコーチに見てもらって、土日に良いプレーができました。調子は上がってきていると思います。パッティングも先週から良くなってきました」。

○堀琴音(4アンダー7位タイ)
「先週(日本女子オープン)はあれだけ深いラフの難しいセッティングで16位タイだったので自信になりました。(プロになって)正直変わらないですけど、今日みたいにホールアウトしてボードのアマチュアの子の名前を見て、「自分もあんな感じだったのかなあ」って思いますね。今日のゴルフを見ても、アマチュア時代よりは少し成長したと思います。最初の2試合の後は落ち込んだりもしましたが…あと2日間あるので、1打1打集中してやっていきたいです」。

○有村智恵(1アンダー35位タイ)
「ショット、パット共に良くなかったですね。2年前の自分のゴルフとは全然違うので、今の自分にできるゴルフを明日もやり切りたいと思います。明日に向けてショット、パットを修正できるように練習したいと思います」。

○森田遥(4オーバー90位タイ)※アマチュア、米ツアーQTに挑戦しセカンドステージを突破
「アメリカに行く前から調子が良くなくて、ドライバーでチーピンを打っている状態…焦っている感じです。ゴルフの内容も良くないのがそのまま続いています。調整できなかった…全部が狂っているので、悔しい気持ち以外何もないです。身体も何かひとつ違う感じがします。見直さないと…」。

<ゴルフ情報ALBA.Net>