<スタンレーレディスゴルフトーナメント 事前情報◇9日◇東名CC(6,561ヤード・パー72)>

 静岡県にある東名カントリークラブを舞台に国内女子ツアー「スタンレーレディスゴルフトーナメント」が10日(金)に開幕。今大会が自身初のホステス大会となる金田久美子は9日(木)、プロアマ大会に出場し最終調整を行った。

“ミラクル”起こした舞台で復活へ 有村智恵「やっぱり好き」
 今季の金田は「ゴルフ5レディス」の11位タイがベストフィニッシュでトップ10はなし。11度の予選落ちを喫し、賞金ランキングも60位と低迷している。その大きな原因となったのがパッティングの不調で、「1メートルくらいもダメでしたし、1ピンくらいのバーディパットも全然入らなくて…とにかく入りませんでした」。

 しかし、ここ数試合では「1ピンくらいが入るようになってきました。ロングパットの距離感も合ってきましたね」と復調の兆し。さらに今週はパターのライ角をフラットに調整することで、金田の悪癖である“引っかけ”を抑制。この日のラウンドではパットを外した時でも納得のいくストロークができており、「今週は練習ラウンドからプロアマまで、いいゴルフができていると思う」と好調をアピールした。

 ゴルフは復調傾向にある金田だが、懸念されるのは大会との相性だ。ここ3年間の成績を見ていくと、11年60位タイ、12年51位タイ、13年予選落ちと軒並み下位に沈んでいる。金田自身も「このコースは苦手で毎年苦労している」と舞台である東名カントリークラブを警戒しており、「コースに負けないようにしたいです」と初のホステス大会に向けて表情を引き締めた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>