しばしの休息を経て、松山英樹が再び海を渡る。男子メジャー第3戦「全英オープン」から米ツアープレーオフシリーズまで続く連戦に身を投じる松山がこの日渡英。出発前に成田空港内で報道陣の取材に応じた。

松山、ペナルティにもめげず快挙6位タイ!ギャラリーから“スピードアップ”の声も 昨年大会
 セガサミーカップ終了後に拠点の仙台に戻った松山は、「ゴルフというよりは体を休めようと思った」とこの日までほとんどクラブを握らずコンディションの調整と休息に時間を割いた。パターを握ってボールを転がすことはあったものの、「そこまで思い詰めて練習はしていない」と練習は行わずリラックスムード。束の間の第2の故郷での時間を楽しんだ。

 しかし、この渡英をきっかけに再び臨戦態勢に入る。「全英オープン」は昨年大会6位に入るも、3日目にスロープレーによるペナルティをとられるなど悔しい思い出も残る。「去年とは違っていい状態ではないけど、あと1週間コースの近くでどれだけ調子を上げられるか。全力で優勝を目指して頑張るだけ」と2度目の大舞台に気合いを込めた。

 全英対策としては、セガサミーカップでテストしたキャビティタイプの2番アイアンを投入する。松山自身コースはまだ把握していないが、ロイヤルリバプールは06年大会に優勝したタイガー・ウッズ(米国)がドライバーを1度しか使わなかったというデータもあるだけに風に強い球を打てるアイアンをティショットで使用する可能性も高い。「めちゃくちゃいい物に出会えた」と手ごたえを得た新兵器が上位進出のカギを握りそうだ。

 相棒の存在も心強い。ロイヤルリバプールで開催された06年大会で谷原秀人が5位タイの成績を残しているが、その際キャディを務めていたのが松山をサポートする進藤キャディ。「大典さんがコースを知っているのはプラスになると思うし、あとはそこに自分がどれだけ合わせられるかだと思う」。事前の情報収集用にコースのパンフレットを入手したが「どっかいっちゃいました(笑)」。コース情報の把握はキャディに任せて目の前の一打に集中していく構えだ。

 「全英オープン」終了後もアメリカに渡り「WGC-ブリヂストン招待」、「全米プロゴルフ選手権」、そしてプレーオフシリーズとビッグマッチが続く。だが、昨年松山の名前を世界に知らしめたのもこの夏場の戦い。米ツアー優勝でまた1つ上のステージに上がった怪物が、今年も飛躍の夏として見せる。


<ゴルフ情報ALBA.Net>