<全英オープン 初日◇17日◇ロイヤル・リバプールGC(7,312ド・パー72)>

 英国にあるロイヤル・リバプールGCを舞台に最古のメジャー「全英オープン」が17日(木)に開幕。午後組でスタートした石川遼は2バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“74”でラウンド。現時点で83位タイでホールアウトしている。

 石川は2番でボギー、5番をバーディとして7番ではセカンドショットをポッドバンカーに入れてしまい、ボギーとしてしまう。そこからはチャンスはなかなかこないが、パーを並べ迎えた16番。ティショットを左に曲げると、バンカーぎりぎりの位置からはなったセカンドショットが引っかかり、グリーンとは逆方向の大きく左に行ってしまう。その後もラフに苦しみこのホールをダブルボギーとしてしまう。

 しかし最終18番。ティショットをフェアウェイにつけると、2オンを狙わずレイアップを選択。サードショットはピンまで9メートルと距離が残ったが、この長いパットを沈め、安どの表情を浮かべ初日を終えた。

 現時点で単独首位に立つのは午前に6アンダーで回ったローリー・マキロイ(北アイルランド)。競技を終えたその他の日本勢は、小田孔明、松山 英樹、塚田 好宣が3アンダー、岩田 寛が2アンダー、宮里優作がイーブンパー、近藤共弘は4オーバー、小林正則は6オーバーとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>