<全英オープン 初日◇17日◇ロイヤル・リバプールGC(7,312ド・パー72)>

 悲願の大会制覇へロケットスタートだ。最古のメジャー「全英オープン」の初日。メジャー2勝を誇るローリー・マキロイ(北アイルランド)が6バーディ・ノーボギーの完璧なゴルフで単独首位に立った。

最古のメジャー「全英オープン」が開幕!遼、松山の順位は?
 松山英樹、ジョーダン・スピース(米国)という若手注目選手と同組でスタートしたマキロイ。スタートホールをきっちりパーで終えると、続く2番ホールであわやイーグルのスーパーショットでバーディ先行。難関のスタート2ホールを1アンダーで通過したことで勢いに乗る。

 前半さらに5番からの連続バーディで3アンダー“32”としたマキロイは後半にも3つのバーディを奪取。さらに1つのボギーも出さない完璧な内容で“66”をマークし、そのまま単独首位で初日を終えた。

 今季のマキロイは欧州ツアー「BMW・PGA選手権」で優勝しているものの、米国男子ツアーでの優勝はない。その大きな要因となっているのは“セカンドラウンド”のプレーで、松山が優勝した「ザ・メモリアル・トーナメント」でも初日に“63”をマークして単独首位に立ったが2日目の“78”で失速している。

 先週開催された「全英オープン」の前哨戦「スコティッシュ・オープン」でも初日“64”をマークしながら2日目の“78”で失速したマキロイ。大会制覇への鍵は苦手とする“セカンドラウンド”にいかにスコアを落とさないかにかかってくるだろう。ちなみに2日目のマキロイは風の強くなる午後2時27分にスタート。これを耐え切り、初の「全英オープン」タイトルにつなげることができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>