<全英オープン 2日目◇18日◇ロイヤル・リバプールGC(7,312ド・パー72)>

 英国にあるロイヤル・リバプールGCを舞台に開催中の海外男子メジャー「全英オープン」の2日目。3アンダー10位タイから出た松山英樹は3バーディ・5ボギーの“74”とスコアを2つ落とし、トータル1アンダーで予選ラウンドを終えた。

遼、松山など「全英オープン」の順位はリーダーボードでチェック!
 この日の松山はスタートの1番でドライバーを振り抜き、バーディ先行。続く2番はボギーとしたが、その後、5番、10番と2つのパー5でバーディを奪い、この時点でトータル5アンダーまでスコアを伸ばしてみせた。

 しかし、ここから苦しい展開が続く。12番でセカンドショットをグリーン左に外してボギーとすると、15番パー3でもティショットをバンカーに打ち込みボギー。さらに17番から上がり2ホール連続ボギーを喫するなどスコアを崩し、トータル1アンダーでホールアウト。上位につけた初日から一転、2日目はスコアを崩し優勝争いから後退した。

 現在首位に立つのは松山と同組でプレーしたローリー・マキロイ(北アイルランド)。2日連続の“66”をマークしてトータル12アンダーまでスコアを伸ばし首位を独走している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>