<全英オープン 最終日◇20日◇ロイヤル・リバプールGC(7,312ド・パー72)>

 北アイルランド出身の25歳が悲願のタイトルを手にした。海外男子メジャー「全英オープン」の最終日。16アンダー単独首位からスタートしたローリー・マキロイ(北アイルランド)は4バーディ・3ボギーの“71”でラウンド。トータルスコアを17アンダーまで伸ばし、初日から首位を守りきる完全優勝で初の「全英オープン」タイトルを獲得。メジャー通算3勝目を飾った。

松山、孔明、タイガーらの順位は?「全英オープン」リーダーズボード
 ここまで3日間快調なゴルフで首位を独走してきたマキロイだが、最終日のフロントナインは2バーディ・2ボギーでスコアを伸ばせずハーフターン。対照的に追いかける選手の多くが猛チャージを見せ、一時はセルヒオ・ガルシア(スペイン)に2打差まで詰め寄られる場面もあった。

 しかし、16番パー5でバーディを奪って後続を引き離すと、そのまま2位以下に3打差をつけて最終18番へ。ここでマキロイは2打でグリーン手前のバンカーまで運ぶと、これをピン奥3メートルに寄せることに成功。割れんばかりの大歓声を受けながらグリーンに上るとこれを2打で沈めてトータル17アンダーでフィニッシュ。自身3つ目のメジャータイトルを獲得した。

 2打差の2位タイにはガルシアとリッキー・ファウラー(米国)がつけ、さらに2打差の4位にはジム・ヒューリク(米国)がつけた。

 日本勢で決勝ラウンドに進出した松山英樹と小田孔明は共にトータル1アンダー39位タイで競技を終了。今季初メジャー参戦ということで注目を集めたタイガー・ウッズ(米国)はトータル6オーバー69位に終わった。


【最終結果】
優勝:ローリー・マキロイ(-17)
2位T:セルヒオ・ガルシア(-15)
2位T:リッキー・ファウラー(-15)
4位:ジム・ヒューリク(-13)
5位T:マーク・リーシュマン(-12)
5位T:アダム・スコット(-12)
7位T:チャール・シュワーツェル(-11)
7位T:ダスティン・ジョンソン(-11)
9位T:ショーン・ローリー(-10)
9位T:グレアム・マクドウェル(-10)
10位T:ビクター・デュビッソン(-10)

39位T:小田孔明(-1)
39位T:松山英樹(-1)他6名

69位:タイガー・ウッズ(+6)

<ゴルフ情報ALBA.Net>