<センチュリー21レディスゴルフトーナメント 事前情報◇24日◇伊豆大仁カントリークラブ(6,531ヤード・パー72)>

 新規開催トーナメントの国内女子ツアー「センチュリー21レディスゴルフトーナメント」が25日(金)に開幕。現在賞金ランキング13位の森田理香子は18ホールの練習ラウンドを実施し、最終調整を行った。

森田理香子の今季の成績を振り返る!
 森田はこの日、同じ岡本綾子門下の表純子、若林舞衣子と共に練習ラウンド。後半9ホールでは師匠の岡本綾子が合流し、森田らにアドバイスを送った。「アプローチメインで色々教えてもらいました」。森田によれば、コースへの対応というよりは基礎的なストロークについてのアドバイスだったようだが、グリーンが小さくラフの深い伊豆大仁CCを攻略するには大きな助けとなるに違いない。ちなみに岡本は今大会のテレビ放送で解説者を務めることになっている。

 ラウンドを終えた森田はコースの印象について、「全体的に広くてラフは深い。グリーンは小さくて先週よりも速い」と分析。また、優勝スコアについては、「距離が短いのでショートアイアンで打てるし、パー5も乗るところが多いのではまる人ははまると思う。けど簡単ではないし、グリーンも馬の背になっているところもあるので、どれぐらいスコアが出るかはやってみないとわからない。まずはパー5獲っていかなきゃいけないですね」と話した。

 「優勝もしたいし、初めての優勝者になりたいけど、今は岡本さんに教えてもらったこと、精神的なところも成長していると思うので、地道にやっていきたい」。今季の森田は「Tポイントレディス」で早々に優勝したものの、その後は12試合でベスト10入りが2回、3度の予選落ちを喫するなど思うような成績を残せていない。まずはシーズンの折り返しとなる今大会で好成績を残して、後半の戦いにつなげたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>