<センチュリー21レディスゴルフトーナメント 事前情報◇24日◇伊豆大仁カントリークラブ(6,531ヤード・パー72)>

 新規開催トーナメントの国内女子ツアー「センチュリー21レディスゴルフトーナメント」が静岡県にある伊豆大仁CCを舞台に25日(金)に開幕。今大会では5月の「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」以来、ツアーを欠場していた一ノ瀬優希が約2ヶ月ぶりのツアー復帰を果たす。

一ノ瀬優希が劇的イーグルで今季2勝目!アマ森田は単独2位
 一ノ瀬が2ヶ月のもの間ツアーを欠場するに至った理由は“左鎖骨の痛み”。今季はすでに2勝を挙げるなど好調なシーズンを送ってきたが、「ずっと痛くてスイングできなかった」とシーズン途中での離脱を余儀なくされた。さらに、MRIやレントゲンなど様々な検査を行ったが、痛みの原因は不明のまま。効果的な治療法も見つからずに、少し練習しては様子を見て治療を試みるといった作業を繰り返し、復帰まで2ヶ月の時を要した。

 そんな中で、「まだ打つと痛みがちょっとあるし、大丈夫ではないけど出てみようと思って」と今大会への出場を決意。決して万全の体調とはいえないが、今週は火曜日に9ホールの練習ラウンド、水曜日にプロアマ戦、そして開幕を翌日に控えた今日はパッティングを中心とした練習に抑えるなど、怪我の状態を見ながら慎重に調整を重ねてきた。

 「今週は完走できればOKかな。あまり結果にはこだわってないです」と無欲に2ヶ月ぶりのトーナメントに臨む一ノ瀬。もちろんプロゴルファーとして、「出るからに上位で争いたい」気持ちもあるが、「試合勘もなくなってきていると思うで、その辺を戻せていけたら」とまずはシーズン後半の戦いに向けて、自身のゴルフを立て直していく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>