<センチュリー21レディスゴルフトーナメント 事前情報◇24日◇伊豆大仁カントリークラブ(6,531ヤード・パー72)>

 新規開催トーナメントの国内女子ツアー「センチュリー21レディスゴルフトーナメント」が25日(金)に開幕。会場となる伊豆大仁CCからほど近い静岡県熱海市出身の渡邉彩香はアウトのみの9ホールを練習ラウンドして明日からの開幕に備えた。

渡邉彩香が劇的イーグルで逆転V!“こだわりの”3鉄で勝利を引き寄せる
 渡邉は初めてシード選手として迎えた今季、「アクサレディス」でツアー初優勝。さらに海外メジャー「全米女子オープン」「全英リコー女子オープン」への出場を果たすなど、20歳の若手選手ながら着実に海外での経験を積み重ねてきた。

 そんな中で迎えた地元開催の今大会では、「(自分にとって)がっつりメジャーですね(笑)」と気合を入れている。これまでも静岡県内で開催されるトーナメントはいくつかあったが、その中でも今大会の会場は渡邉の実家から車で20分と最も近く、大会の観戦が“21歳以下無料”ということもあって20歳の渡邉の友人の多くが来場することが予想されるからだ。

 また、海外メジャーに再挑戦したいという思いも渡邉の気持ちに火をつけている。今季賞金ランキング8位に躍進している渡邉だが、国内の試合を含めて最近の試合では優勝争いに絡めていない。「全米、全英に行って、また出たいと思ったので、日本の賞金ランクを上げたいし、そのためにも優勝したいです」。

 会場となる伊豆大仁CCは「3、4回ラウンドしたことがある」と話した渡邉だが、「ドライバーが調子良くて、残りがウェッジの距離になることが多い」と攻略には自信を覗かせている。はたして、新規開催トーナメント初代女王の座を手にすることができるのか。初日の渡邉は今季3勝の成田美寿々、昨季賞金女王の森田理香子と同組でスタートする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>