<センチュリー21レディスゴルフトーナメント 事前情報◇24日◇伊豆大仁カントリークラブ(6,531ヤード・パー72)>

 新規開催トーナメントの国内女子ツアー「センチュリー21レディスゴルフトーナメント」が25日(金)に開幕。先週の「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」で今季3勝目を挙げた成田美寿々は18ホールをラウンドして最終調整を行った。

成田美寿々、強し!「自分の心に波風立てず」今季3勝目
 今季の成田は「ワールドレディスチャンピオンシップ・サロンパスカップ」でメジャー初優勝。その後出場した国内の5試合ではトップ10フィニッシュ4回、内2回で優勝と安定して好成績を残している。さらに、今季のスタッツでは平均バーディ数とリカバリー率で1位、平均ストロークで3位につけ、賞金ランクも日本人最高の3位につけるなど大躍進のシーズンを送っている。

 しかし、その好成績とは裏腹に、現在のゴルフの状態は「良くもなく、悪くもなく」。成田いわく、ショットの調子が良かったのが先月の「全米女子オープン」、パットを含め全体の調子が良かったのが「ワールドレディス・サロンパスカップ」の時のようで、「そんなに悪くないけど…」と現在の自分を分析した。

 とはいえ、その「良くもなく、悪くなく」の状態で先週優勝を果たしているのも事実。「先週みたいに欲なくサラ〜と回りたい」と明日からの開幕を見据えた。やはり、今大会でも成田が優勝候補の1人であることは間違いない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>