<インターナショナル・クラウン 最終日◇27日◇ケースバレーGC(6,628ヤード・パー71)>

 メリーランド州ケースバレーGCを舞台に開催された国別対抗戦「インターナショナル・クラウン」。予選ラウンドを首位で通過した日本チームは最終日のシングルスマッチに臨んだが、結果は1勝3敗。2ポイントを獲得するに止まり最終結果は3位に終わった。優勝はシングルスマッチ全勝で8ポイントを獲得したスペイン。

藍、さくら、美香なども多数登録!「女子プロ写真館」
 宮里藍とのコンビで予選ラウンドで大活躍を見せた横峯さくらは韓国のリュー・ソヨンと対戦。12番ホールまで1アップのリードを奪っていたが、13番ホールでボギーを叩いてオールスクエアに並ばれると、16番ホールではリューにバーディを奪われ1ダウン。結局そのまま、1ダウンで敗れた。

 一方、宮里藍は最終34マッチに登場。スペインのアサハラ・ムノスと対戦したが、こちらも終盤に逆転を許して2&1で敗戦。比嘉真美子もアンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)と対戦したが、中盤以降にリードを奪われ、3&2で敗れた。

 日本チームで唯一マッチを獲ったのが宮里美香。日本ツアーでもお馴染みのO・サタヤ(タイ)との対戦となったが、4番ホールで1アップを奪うと、そのまま1度もリードを許さず3&1で勝利。最終日、日本チームに貴重な2ポイントをもたらした。

 尚、11ptのスウェーデンが2位、インビー・パークらを擁する韓国は日本と並ぶ3位タイで大会を終えた。


【最終結果】
優勝:スペイン(15pt)
2位:スウェーデン(11pt)
3位T:韓国(10pt)
3位T:日本(10pt)
5位:タイ(9pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>