<FedExCupポイントランキング>

 米国男子ツアー「RBCカナディアン・オープン」終了時点でのフェデックスカップポイントランキングが発表され、この大会で2010年以来となる米ツアー通算2勝目を挙げたティム・クラーク(南アフリカ)が前週から58ランクアップの27位にジャンプアップした。

 同大会で2位に入ったジム・フューリク(米国)は14位から5位に浮上。首位は変わらずジミー・ウォーカー(米国)となっている。日本勢では松山英樹が23位、石川遼が65位、今田竜二は196位。

【フェデックスカップポイントランキング】
1位:ジミー・ウォーカー(2,364pt)
2位:バッバ・ワトソン(2,135pt)
3位:マット・クーチャー(1,855pt)
4位:ダスティン・ジョンソン(1,769pt)
5位:ジム・フューリク(1,680pt)
6位:ジョーダン・スピース(1,670pt)
7位:クリス・カーク(1,542pt)
8位:ブレンドン・トッド(1,516pt)
9位:マーティン・カイマー(1,510pt)
10位:ザック・ジョンソン(1,504pt)

12位:ローリー・マキロイ(1,432pt)
23位:松山英樹(1,188pt)
27位:ティム・クラーク(1,047pt)
65位:石川遼(680pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>