<バラクーダ選手権 事前情報◇30日◇モントレーG&CC(7,472ヤード・パー72)>

 「WGC-ブリヂストン招待」の裏大会として開催される、米国男子ツアー「バラクーダ選手権」がネバダ州にあるモントレーG&CCで30日(木)に開幕を迎える。今大会は昨年までリノ・タホオープンとして開催されてきたが、今季から新たなスポンサーを迎えてリニューアル。WGCへの出場権を持たない選手達による激しい戦いが繰り広げられる。

 今大会は通常のストロークプレーではなく、2012年から採用されているステーブルフォード方式で争われる。これは、スコアに応じてダブルイーグル(8点)、イーグル(5点)、バーディ(2点)、パー(0点)、ボギー(-1点)、ダブルボギー以下(-3点)と割り当てられたポイントの合計で順位を決定するもので、今大会では2012年からこのスコアリング方式を採用している。

 この方式ではボギーを2つ叩いてもバーディを1つ取れば帳消しにできるだけに、バーディを狙いに行くアグレッシブなゴルフが求められる。日本勢では今田竜二が唯一出場。復活の足掛かりとしたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>