<LPGA最終プロテスト 最終日◇ 31日◇ベルフラワーカントリー倶楽部(6,427ヤード・パー72)>

 岐阜県にあるベルフラワーカントリー倶楽部にて開催された2014年度のLPGAプロテスト。トップ合格を狙うスーパーアマ、堀琴音は首位と2打差の4位タイからスタート。2番で5メートルを決めバーディを先行させると、4番から連続バーディを奪取。序盤からスコアを伸ばしていく。

今年度のプロ合格者26名の写真はここでチェック!!
 しかし、流れが変わったのは6番パー5。「いい感じできていたけど、6番のボギーが痛かったです。そこから流れにのれませんでした」とその後は終盤に2つスコアを落としこの日は3バーディ・3ボギーの“72”。連日のパープレーでスコアを伸ばせなかったが、初日の貯金でトータル4アンダー単独3位で見事合格。堀の姉はツアー通算2勝の堀奈津佳、姉妹でプロテストに合格したは堀姉妹で16組目となる

 さすがの堀も「20人ってすごくせまいな」と上位20位タイまでしかプロになれない狭き関門にプレッシャーを受けた。トップ合格ははたせず、嬉しさと悔しさが「半分半分」と心中は複雑だが「推薦で出れる残り3試合とステップ・アップで勝てるよう頑張ります」と前向きに話した。

 堀と同じく今季のアマチュア旋風を牽引した柏原明日架はトータル1アンダー9位タイで合格。「ゴルフって難しいんだな、って思いました。ティショットが良くなかった」とこの3日間調子が上がらす、目標のトップ合格には手が届かなかった。

 「いろんな人にアドバイスを求めました。こういうことは今までになかったですね。先輩とかいろいろな人に聞いている自分に、プレッシャーを感じてるなと思いました」。レギュラーツアーで優勝争いの経験があるスーパーアマでもやはりプロテストの緊張感は特別なようだ。

 これからの目標は「今年中に勝ちたいですね。小・中学生のころから夢だったリコーカップに優勝して出たいです」と力強く話した。

 堀も柏原も来週の「meijiカップ」の出場予定。晴れて“プロ”となった2人がこれからもツアーを大いに盛り上げてくれそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>