<ダンロップ・スリクソン福島オープンゴルフトーナメント 1日目◇31日◇グランディ那須白河GC(6,961ヤード・パー72)>

 新規開催トーナメントの国内男子ツアー「ダンロップ・スリクソン福島オープン」が31日(木)に開幕。その初日、市原弘大が4連続を含む7バーディ・1ボギーの“66”でラウンド。首位と2打差の単独3位と好スタートを切った。

「ダンロップ・スリクソン福島オープン」初日の結果をリーダーボードで振り返る!
 市原はこの日午前組でスタート。最初の1番で下り10メートルのバーディパットを決めて波に乗ると、そこから立て続けに3連続バーディを奪う。8番でボギーを叩くも、スコアを3つ伸ばしてフロントナインを折り返す。後半は13番でバーディを先行させると、15番、18番でもバーディを奪取、そのままノーボギーでバックナインをフィニッシュ。トータル6アンダーの単独3位で初日を終えた。

 先月からショットの調子が良かったという市原。「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」では6位タイ、先週のチャレンジツアーでは2位タイといいゴルフができている。「今年は距離によって使うクラブがしっかり決まってきたので、自分のやることも決めやすい。そのためスイングに集中できている」という。

 そんな市原は今季から今まで使っていた長尺パターから短いパターを取り入れている「再来年からアンカーリングが出来なくなることもあるし、短いのでも入るかなと思って」。そもそも10年ほど前からイップスや腰痛などの理由から使ってきた長尺パター。調子の良いショットが後押しがあるからか、変えたばかりの選手とは思えないほど、「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」以降、パッティングも決まっている。

 「今日みたいな感じで最後までできたら、チャンスがあると思っています」と自信も漲ってきている。ここ一ヶ月のいい流れを、今日の好発進でさらに加速させ上位を目指していく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>