<ダンロップ・スリクソン福島オープンゴルフトーナメント 3日目◇1日◇グランディ那須白河GC(6,961ヤード・パー72)>

 福島県のグランディ那須白河GCにて開催中の国内男子ツアー「ダンロップ・スリクソン福島オープン」2日目。昨日サスペンデッドによりホールアウトできず、今朝残りのラウンドを回った高山忠洋はトータル8アンダーで予選を終えた。

「ダンロップ・スリクソン福島オープン」2日目をリーダーボードで振り返る!
 昨日の午後インコースからスタートした高山。「暑くてパットのひらめきが浮かんでこなかった」と苦しいゴルフが続く。しかし、そのフロントナインをプレー中に雷鳴が鳴り響き中断。高山はこの中断をプラスに捉えた「流れを変えたかったし、逆に中断して欲しかったので良かった」。

 その言葉通り流れが変わったのか、再開後の18番でバーディを奪うと、折り返しての2番で2メートルのバーディパットを決めたのを皮切りに3連続バーディ。一気に首位の背中を捉える。その後6番ホールをプレー中に日没によるサスペンデッド。続きは翌日に持ち越された。

 そして今日、6番のセカンドからスタートした高山は、バーディチャンスを逃す場面があったものの、気持ちを切らさずボギーを叩ずパーを並べ、長い2日目をスコアを4つ伸ばしてフィニッシュした。

 中断、サスペンデッドと2回も間が空いた予選でスコアを伸ばした高山。ただただ中断を願っていたわけではなく、「中断したけど、必ず再開すると思って集中力を切らさないようにした」と中断、再開を両方想定し気持ちを作ったことが奏功した。

 今日この後決勝ラウンドが行われる「今日も一日長くなる。全てを受け入れてフラットな気持ちで臨みたい」。長い予選ラウンドを好位置で終えた高山は、自然体で本日2度目のコースに入る算段だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>