<全米プロゴルフ選手権 事前情報◇5日◇バルハラGC(7,458ヤード・パー71)>

 男子メジャーの今季最終戦、「全米プロゴルフ選手権」がケンタッキー州ルイビルにあるバルハラGCで7日(木)に開幕を迎える。この大会には松山英樹、石川遼、小田孔明、谷原秀人の日本勢4選手が出場。この日、石川、小田、谷原の3人は一緒に練習ラウンドを行った。

松山英樹、全米プロ優勝予想15位にピックアップ
 石川らは18ホールをラウンド。日本では6月末から長期の合宿を敢行、渡米後は拠点のあるオーランドでこの大会に向けて入念な調整を行ってきた。ドライバーのロフトを1度寝かせるなど、道具もメジャーに合わせ新しいものを用意。合宿でもティショットのレベルアップを目指してやってきたが、この大舞台でその成果が発揮できるか注目される。

 小田は先のメジャー「全英オープン」にも出場。最終日は8つのバーディを奪う会心のプレーで存在感を放った。国内では賞金ランキング1位、この勢いで今大会で上位進出を狙う。また2008年の「全英オープン」以来のメジャー出場となる谷原にも注目だ。

 距離があり、パワーで劣る日本勢には厳しい戦いとなるだろうが1人でも多く予選を突破し、米国からいいニュースを届けてくれることを期待したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>