<全米プロゴルフ選手権 事前情報◇6日◇バルハラGC(7,458ヤード・パー71)>

 男子メジャーの今季最終戦、「全米プロゴルフ選手権」がケンタッキー州ルイビルにあるバルハラGCでいよいよ7日(木)に開幕を迎える。先週の「WGC-ブリヂストン招待」最終日に腰と背中の痛みを訴えて途中棄権をしたタイガー・ウッズ(米国)。今週の出場が危ぶまれていたが、この日ついにコースに姿を見せた。

優勝候補筆頭のマキロイ、今季メジャー最終戦も制覇なるか
 負傷後は医師の診断と治療のためにフロリダ州に戻っていたウッズ。前日の公式会見がキャンセルされるなど、メジャー最終戦は欠場かと思われていたがこの日の午後にコース入り。スティーブ・ストリッカー(米国)、デービス・ラブIII(米国)、ハリス・イングリッシュ(米国)らとアウトの9ホールをラウンド。大ギャラリーを引きつれ、故障の影響を感じさせないショットを披露した。

 今は「痛みはない」と話したウッズ。このバルハラGCでは2000年にボブ・メイ(米国)とのプレーオフを制し優勝した思い出の地。ケガの状況が心配されるが出場するからにはウッズが狙うのは優勝の2文字のみだろう。全米プロはこれまで4度制しているが、ここで5度目の優勝となるか。明日の初日はフィル・ミケルソン(米国)らと現地時間の8時35分に10番ティからスタートする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>