<meiji カップ 事前情報◇7日◇札幌国際CC島松C(6,473ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「meiji カップ」が北海道にある札幌国際カントリークラブ島松コースを舞台に8日(金)に開幕。北海道出身のツアールーキー藤田光里は地元の期待を一身に背負い今大会での初優勝を目指している。

1ヶ月ぶり国内ツアー参戦の横峯さくらにかかる“大記録”
 今季が初のツアーフル参戦となった藤田は初優勝こそないものの、トップ10フィニッシュ4回で賞金ランキング19位につけるなど堂々たる活躍を見せている。それだけに地元の期待は大きく、先週の7月31日(木)に北海道入りして以来、様々な場所で「頑張って」とエールを贈られている。

 「プレッシャーではないですけど、いい意味で楽しみです」。今季の藤田は今大会までに賞金ランクで良いポジションにつけることを目標としていたが、賞金ランク19位でほぼ来季のシードを確定させたことで「クリアできたと思う」。ツアーの転戦にも慣れ、結果がついてきていることで、藤田が今大会自分にかける期待もまた大きいものになっている。

 一方で、不安もある。藤田にとって開催コースである札幌国際カントリークラブは幾度となくラウンドしてきたコースだが、「慣れているとは思うけど、相性が良いとは思ってないです」と密かに苦手意識を持っている。実際、昨年大会では83位タイで予選落ちを喫するなど、思うような結果を残せていないのもたしかだ。

 「ギャラリーの雰囲気とか精神的にいつもと違う気持ちになると思うけど、まずは毎日アンダーパーを目指していきたい」。今季めざましい活躍を見せている期待のルーキーが抱く期待と不安。それがはたして、どのような結果につながるのか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>