<全米プロゴルフ選手権 2日目◇8日◇バルハラGC(7,458ヤード・パー71)>

 米国男子メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」二日目。日本勢は石川遼と谷原秀人が午前組でスタート。雨により中断もあった午前組の石川遼は3バーディ・6ボギーの“74”でラウンド。スコアを3つ落とし2日目を終えた。

松山、遼の結果をチェック!全米プロゴルフ選手権リーダーボード
 INからスタートした石川は10番でバーディを奪う幸先の良い立ち上がり。しかし16番でボギーを叩くと、続く17番でも連続となるボギー。それでも18番でバーディを奪い、なんとかイーブンパーでフロントナインを折り返す。

 後半も悪い流れは断ち切ることができず、1番、2番と連続ボギー。5番でバーディを奪うが、次の6番ではレイアップを選択するもパーパットを決めきれずボギー。さらには最終の9番でもボギーを叩き、トータル4オーバーでフィニッシュと予選突破は厳しい状況となった。

 トータル3オーバーの109位タイからスタートした谷原秀人は、現在12番ホールを終えて2バーディ・2ボギーとイーブンパーでラウンド中。

 松山英樹、小田孔明は午後組で間もなくスタートする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>