<マイヤーLPGAクラシック 2日目◇8日◇ブライズフィールドCC(6,414ヤード・パー71)>

 ミシガン州にあるブライズフィールドCCで開幕した米国女子ツアー「マイヤーLPGAクラシック」。大会2日目では日本の野村敏京が“67”をマークし通算5アンダーまで伸ばし5位タイに浮上した。

 この日1アンダー21位タイからスタートした野村は、序盤の3番、4番で連続バーディと幸先良い立ち上がりを見せた。続く7番ではボギーを叩くも次の8番ですぐさまバウンスバック、3アンダーで前半を折り返した。後半でも11番でバーディを先行させると13番、15番、16番でバーディを奪取しスコアを伸ばした。結局この日は7バーディ・3ボギーで4つ伸ばし5位タイに浮上、絶好の位置で予選を通過した。

 通算10アンダーの単独首位には昨年の賞金女王インビー・パーク(韓国)。1打差の通算9アンダー単独2位にはスーザン・ペターセン(ノルウェー)。続く通算8アンダー単独3位にはイ・ミリム(韓国)がつけた。

 また、その他の日本勢では上原彩子が通算2アンダーで21位タイ、有村智恵が通算1アンダーで25位タイで予選を通過した。一方、宮里藍はこの日ダブルボギーなどで巻き返せず3つ落とし通算5オーバーで予選落ちとなってしまった。

【2日目の結果】
1位:インビー・パーク(-10)
2位:スーザン・ペターセン(-9)
3位:イ・ミリム(-8)
4位:エイミー・ヤン(-7)
5位T:野村敏京(-5)他
 
21位T:上原彩子(-2)他

25位T:有村智恵(-1)他

94位T:宮里藍(+5)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>