<全米プロゴルフ選手権 最終日◇10日◇バルハラGC(7,458ヤード・パー71)>

 米国男子メジャー「全米プロゴルフ選手権」の最終日は、途中悪天候により約1時間20分の中断を挟んだものの、早い時間のスタートだった松山英樹、小田孔明の日本勢は無事に競技を終了した。

 トータルイーブンパーの56位タイからスタートした松山は、5バーディ・2ボギーの“68”でスコアを3つ伸ばし、トータル3アンダーでフィニッシュ。同じくイーブンパーからスタートした小田も2つスコアを伸ばし、トータル2アンダーでホールアウトしている。

 メジャー連勝を狙うローリー・マキロイ(北アイルランド)ら最終組は現地時間16時19分スタートする予定となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>