<全米プロゴルフ選手権 最終日◇10日◇バルハラGC(7,458ヤード・パー71)>

 ローリー・マキロイ(北アイルランド)が8月10日(日)まで開催された米国男子メジャー「全米プロゴルフ選手権」で、7月「全英オープン」に続くメジャー2連勝を飾った。これでマキロイはメジャー通算4勝目。残すメジャータイトルである来年の「マスターズ」はキャリアグランドスラム達成とメジャー3連勝をかけて挑むこととなる。

 マキロイにとってマスターズは苦い思い出も残る大会でもある。2011年大会は最終日を2位に4打差をつけて迎えながら、サンデーバックナインに入った直後の10番でティショットを大きく曲げてトリプルボギーを叩くなど大失速。優勝どころかズルズルとスコアを落とし15位タイでフィニッシュした。

 だが、あの大失速があったからこそ、その反省を活かして4つのメジャータイトルにつなげてきたのもまた事実だ。この全米プロのリッキー・ファウラー(米国)、フィル・ミケルソン(米国)にビハインドを許して迎えた今年の全米プロのバックナインに2011年のオーガスタで見せたもろさは無い。メジャー3連勝、そしてキャリアグランドスラム獲得への準備は整った。

【ローリー・マキロイ メジャータイトル】
2011年 全米オープン(コングレッショナル)
2012年 全米プロゴルフ選手権(キアワ・アイランド)
2014年 全英オープン(ロイヤルリバプール)
2014年 全米プロゴルフ選手権(バルハラ)

<ゴルフ情報ALBA.Net>