<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 事前情報◇14日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(6.555ヤード・パー72)>

 長野県にある軽井沢72ゴルフ 北コースにて国内女子ツアー「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」が明日開幕。この日、今大会の昨年度の覇者である成田美寿々がプロアマに出場し、最終調整を行った。

成田美寿々、強し!「自分の心に波風立てず」今季3勝目
 ディフェンディングチャンピオンとして迎える今大会。「そんなにプレッシャーとかはないですね。鈍感なのかもしれません(笑)」と精神面の強さを見せた成田。しかし、先週まで良かったショットが今週は不調。打った瞬間「いいな」と感じたショットが思ったところに行かず、修正できていない状態だという。「今週はごまかしごまかしやっていく感じですね」と慎重になっている。

 それでも今年は去年よりもしっかり準備をして臨むことができる。昨年はプロアマの推薦の待機選手だったが、協会の選考選手と違い練習ラウンドができず、当日までOUTのハーフしかラウンドが出来ていない状態だった。しかし今年はプロアマでも18ホールしっかり回り、「去年よりは空気が重いというかあまり飛ばないなと。去年は通常より4〜5ヤードくらい飛ぶ感覚でプレーしたけど、今年は飛ぶとかをあまり意識せずやれたら」とコースの状態を掴んで臨む。

 今シーズンも後半戦に突入し現在賞金ランク3位につける成田は「ここまで来たら賞金女王を目指していきたい」と力強く答えた。続いて「最終戦までにジリジリ追いついていって、逆転可能な差で最終戦を迎えられれば」とマネークイーンに向けた具体的なプランも明かした。

 先週の「meiji カップ」でも「調子は絶好調というわけじゃないんですけど…」と控えめな口調ながらも10位タイでフィニッシュし、着実に賞金を上積みした成田。今季3勝の勢いそのままに、賞金女王に向けて今大会でも上位を目指す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>