<ウィンダム選手権 初日◇14日◇セッジフィールドカントリークラブ(7,130ヤード・パー70)>

 米国男子ツアー2013-14レギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選手権」がノースカロライナ州にあるセッジフィールドCCで開幕。現在は下部ツアーをメインに戦う今田竜二が初日を4アンダーと好スタートを切った。

 OUTコースからスタートした今田は1番、3番、5番と立て続けにバーディを奪い一時は単独首位に立つなど幸先の良い立ち上がり。7番はボギーとしたものの、後半も12番、16番とバーディを積み重ねて久々の好スタートを決めて見せた。

 現時点でフェデックスカップポイントランキングは195位と上位125名に与えられる来季のシード権獲得ラインには至っていないが、土壇場でのシード復帰へ最高のスタートを決めて見せた。

 松山英樹は1イーグル・1ボギーの“69”で1アンダーフィニッシュ。石川遼はイーブンパーでプレーを終えている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>