<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 1日目◇15日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(6.555ヤード・パー72)>

 長野県にある軽井沢72ゴルフ 北コースにて国内女子ツアー「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」が開幕。その初日、同組でラウンドした福嶋晃子、渡邉彩香、服部真夕が揃って5アンダーと好発進。明日も同じ3人の組み合わせとなった。

LIVE PHOTOで「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」初日を振り返る!
 過去4回この大会を制している福嶋だが、昨日のプロアマ戦でのラウンド後のコメントは「こんなに長かったっけ」や「ショットの調子が悪い」と言ったネガティブな言葉が目立ったが、いざコースに入ってみればロングホールで2オンを決めてイーグルを奪うなど、前半だけでスコアを5つ伸ばす快進撃。後半は立て続けに2つボギーを叩くも、終盤で2つバーディを奪ってカムバック。1イーグル・5バーディ・2ボギーの“67”の4位タイでフィニッシュした。

 「ショット1つずつは良くなかったけどパッティングは良かった。ショットは良かったり悪かったりの繰り返しだったので、チャンスだけ取っていこうと」と百戦錬磨の福嶋らしい落ち着きで好位置につけた。それでも「いくつ貯金があっても予選通過が気になる」と気は抜かない。明日も一打一打集中して、まずは予選突破を目指していく構えだ。

 「リゾートトラストレディス」でも福嶋とペアリングとなった渡邉。「前よりは緊張しなかった」とコースに入った渡邉はフロントナインで2バーディ・ノーボギーのゴルフを見せるも「前半から福嶋さん、服部さんがいいゴルフをしていたので私も頑張ろうと」と満足することなくバックナインはもう一段ギアを上げる。するとラッキーなチップインイーグルもあり、さらにスコアを3つ伸ばしてホールアウト。「明日も回りたいから追いつこうと。結果的に追いついてよかった」と2人と同じスコア初日を終えた。

 初日にしては良いゴルフだったと及第点を与えた渡邉だが「ロングホールが16番しか取れていないのが反省点」と課題を残した。明日以降は“飛ばし屋”として得意のロングホールでスコアを伸ばしてさらに上位を目指していく。

 服部は福嶋、渡邉という飛ばし屋2人との組み合わせに「ペアリングを見た時点でセカンドオナーは決まりだと思った」と苦笑い。そして実際回ってみて「ほぼセカンドオナー」だったが、パーオン率1位の服部らしくグリーンを外したホールは1ホールだけと、2人とはまた違ったゴルフでスコアメイク。5バーディ・ノーボギーと安定感を見せ好位置につけた。

 「今日はパットが良かった」と服部。13番ホールでは11メートルのバーディパットを沈めた。「タッチがあった」とピンチもなく、ほとんどがお先のパットだったのでストレス無く次のホールに行くことが出来た。

 服部は明日以降伸ばし合いになると想定「今日は福嶋さんも彩香ちゃんもロングでイーグルを取っていた。私は今シーズンまだイーグルは無いけど、ここなら狙っていけるので取って伸ばして行きたい」と意欲を見せた。

 5アンダーの4位タイは3人の他には吉田弓美子とウェイ・ユンジェがいるが、明日もこの3人でのペアリングとなった。注目のこの組は明日の9時24分、アウトコースからスタートする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>