<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 最終日◇17日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(6.555ヤード・パー72)>

 長野県にある軽井沢72ゴルフ 北コースを舞台に開催された国内女子ツアー「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」最終日。2位タイからスタートした大山志保は一時は単独首位に立つも、優勝したイ・ボミ(韓国)と菊地絵理香に追いつかれプレーオフに突入。そのプレーオフで破れ2位タイで大会を終えた。

LIVE PHOTOで最終日のプレーを振り返る!
 首位と2打差でスタートした大山は1番で幸先良くバーディを奪取。すると首位のボミがボギーを叩きいきなりスタートホールで首位タイに並んだ。バーディを奪えないボミを尻目に5番、8番でもバーディを重ね単独首位でフロントナインを折り返す。しかし後半に入ると13番でバーディを奪って以降はパーを並べる展開に。この間、バーディを重ねてきたボミ、菊地に追いつかれてしまう。そして3人が13アンダーで並んで迎えた最終18番。セカンドショットをグリーン右のラフに入れると、アプローチはカップを越え2メートルを残す。外せば終了となるパーパットだったが「絶対プレーオフ行きたいと思って、何が何でもねじ込んでやる」という気持ちが想いが実りパーセーブ。勝負はプレーオフへと持ち越された。

 その1ホール目のセカンドショット。「番手ミスだった。アドレナリンが出ていたのでもう1つ番手を落として打つべきでした」と悔やまれる一打はカップ奥へ。このパットを決め切れなかった大山に対し、バーディチャンスにつけたボミがこれを沈め優勝。大山は今季初優勝を逃した。

 それでも収穫は多かった今大会「この3日間、良いプレーだったし、アプローチも良かった。グリーンを外してもリカバリーでパーを拾えるなど、すごく良い内容の1週間でした」と充実した表情を見せた。さらに「だいぶショットの感じが良くなった。左肩を痛める前のショットが突然降りてきて、1日増すごとに良くなってる」と今後のさらなる活躍を予感させた。

 もちろん今大会で課題も「まだアプローチも下手だし、パッティングもここぞというところが決められない」。しかし大山はこのことをポジティブに捉えている「足りないものがまだあるけど、まだまだ成長できるかな」と前を向いた。

 3日間で1ボギーと安定したゴルフを展開。昨日のラウンド後は「最終組でプレッシャーがかかる。その中でどういうスイングができるか」と話していた。そして最終日はノーボギーのラウンド。ショットを掴みつつある大山、今季初優勝は目の前まで来ている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>