10月16日(木)より千葉カントリークラブにて開催される国内男子メジャー「日本オープンゴルフ選手権」に現在世界ランク2位のアダム・スコット(オーストラリア)が出場することが日本ゴルフ協会より正式に発表された。

アダム・スコットのプロフィールなど
 スコットはこれまで米国男子ツアー通算11勝、欧州ツアーでも13勝を挙げ、昨年の「マスターズ」ではアンヘル・カブレラ(アルゼンチン)とのプレーオフを制し初のメジャータイトルを獲得。名実ともに世界的なトップ選手が“ゴルファー日本一”をかけた国内最古のメジャーに参戦する。

 以下はスコットのコメント。

「今回、日本オープンゴルフ選手権に出場が決まったことを嬉しく思います。日本オープンゴルフ選手権は歴史も長く、ハイレベルな大会と聞いています。私は日本が大好きで、子どもの頃は日本語を勉強していました。昨年、ユニクロとグローバルブランドアンバサダー契約を結んで以来、以前にもまして日本を身近に感じています。日本のファンの皆さんにお会いできることをとても楽しみにしています」

※日本ツアーでの戦歴
2001年 中日クラウンズ 32位タイ
2007年 三井住友VISA 太平洋マスターズ 3位

<ゴルフ情報ALBA.Net>