<PGA・JGTOチャレンジカップ in 房総 2日目◇21日◇房総カントリークラブ 房総ゴルフ場 東コース(7,107ヤード・パー72)>

 昨日、千葉県にある房総カントリークラブ 房総ゴルフ場 東コースで開幕したチャレンジトーナメント「PGA・JGTOチャレンジカップ in 房総」は、連日の35度近い真夏日で選手にとっては厳しいコンディションとなっている。そんな大会2日目は初日単独2位につけた尾方友彦がこの日も“66”の好スコアをマーク。通算13アンダーまで伸ばし単独首位に立った。

丸山茂樹が分析する松山英樹と石川遼の“理想と現実”
 「今日はとにかく暑かった。暑さで倒れるかと思ったぐらい。」と35度近い気温にややばて気味になりながらも「好スコアを維持していたので、なんとか持ちこたえることができた」というように6バーディ・ノーボギーとナイスラウンド。プレーを振り返り「今日のプレーは昨日と同じで悪いものが無かった」という尾方。それでも「今日も近いバーディーパットを2〜3個外してしまった」と悔しさが残る。

 前大会の「秋田テレビ・南秋田CCチャレンジ」上位の資格で得た出場機会を生かすべく、今大会でチャレンジトーナメント初優勝、そして今シーズンのチャレンジトーナメント出場権を懸け、明日の最終日に挑む。最後に「このチャンスを易々と逃す訳にはいかないですよね。モノにできるよう、明日頑張ります!」と意気込みを語った。

 そんな尾方と1打差の通算12アンダー単独2位には初日首位に立った簗瀬元気。続く通算10アンダー3位タイには津曲泰弦、梅山知宏、富村真治、大田和桂介の4人がつけている。さらに稲森佑貴、鈴木亨の2里が通算9アンダー7位タイで続く。

【2日目の結果】
1位:尾方友彦(-13)
2位:簗瀬元気(-12)
3位T:津曲泰弦(-10)
3位T:梅山知宏(-10)
3位T:富村真治(-10)
3位T:大田和桂介(-10)

<ゴルフ情報ALBA.Net>