<男子世界ランキング>

 最新の男子世界ランキングが発表され、フェデックスカッププレーオフシリーズ初戦「ザ・バークレイズ」で19位タイフィニッシュを決めた石川遼が、前回の83位から80位にランクアップした。同大会30位タイの松山英樹は18位と変動はなかった。優勝したハンター・メイハン(米国)は19位となっている。

【舩越園子コラム】石川遼、「全然違う」の深い意味
 ランキング1位はローリー・マキロイ(北アイルランド)がキープ。2位は日本オープン出場を発表したアダム・スコット(オーストラリア)、3位にはヘンリック・ステンソン(スウェーデン)がつけている。

【男子世界ランキング】
1位:ローリー・マキロイ(11.10pt)
2位:アダム・スコット(9.16pt)
3位:ヘンリック・ステンソン(8.02pt)
4位:セルヒオ・ガルシア(7.73pt)
5位:ジャスティン・ローズ(7.30pt)
6位:ジム・フューリク(6.96pt)
7位:ジェイソン・デイ(6.88pt)
8位:マット・クーチャー(6.74pt)
9位:バッバ・ワトソン(6.48pt)
10位:フィル・ミケルソン(6.06pt)
19位:ハンター・メイハン(4.28pt)

18位:松山英樹(4.55pt)
60位:小田孔明(2.19pt)
80位:石川遼(1.79pt)
128位:谷原秀人(1.25pt)
136位:片山晋呉(1.22pt)
179位:宮里優作(0.99pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>